日常の様子をよく見ておく

おしっこをたくさんするようになった
水をたくさん飲むようになった
食欲が無くなった

>> 中期くらいの腎臓病、腎臓病は症状が出にくいので症状が出てからでは遅いことも

わんちゃん猫ちゃんが8歳くらいになってきたら、予防接種などの折に腎臓病の検査を獣医さんに相談してみるのも一つの方法です。

腎臓病の早期発見のための検査には
・SDMA:血液検査の新項目として、早期の腎臓病も

・UPC/UAC: 尿中のタンパククレアチニン比とアルブミンクレアチニン比を調べることで腎臓病の重症の度合いを評価します。早期の腎臓病の発見や他の病気の発見の可能性もあります。

・犬シスタチンC:小型と中型犬のシスタチンCを測定することで、まだ軽いの腎臓障害があることを発見しやすいのが特徴です。

等の検査があります。

かかりつけの獣医さんにご相談ください。