横浜鶴見の犬、猫など小動物の病院です。

血液透析治療について

  • HOME »
  • 血液透析治療について

血液透析の有効な病気について

輸液療法などの治療では対応しきれない急性腎障害や、慢性の腎臓病をもっているペットの病気の悪化、尿毒症のペットには、血液透析は非常に有効な治療です。また、慢性の腎臓病を患っているペットを少しでも長く生活の質を高めて過ごして いただくことを目的として透析を行うこともあります。その他、原因の明らかな急性中毒や、透析装置のもつ除水能力を利用することでペットの肺水腫などの病気を治療することもできます。

血液透析とは

血液透析と は、通常腎臓でおこなわれている血液の浄化作業を、透析装置にておこなう治療法です。そのため、血液透析では、体内の血液を体外に出して装置に循環させる ために、ブラッドアクセスという血液の出入口をペットの頚静脈につける必要があります。ペットの状態、病状にもよりますが、最初の透析時には麻酔が必要と なる場合がほとんどです。

ブラッドアクセスから体外に出た血液は、ダイアライザーという腎臓の代わりになる部分を通過しながら浄化され、きれいな血液となってペットの体内に戻されます。この一連の治療が一回の血液透析となりますが、時間は1~4時間かかります。

お気軽にお電話ください TEL 045-505-1122 診療時間:9:00~12:00、16:00~19:00(休診日、木曜、日曜祝日午後)

PAGETOP
Copyright © KONDOHどうぶつ病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.